• jbeschool

翻訳・通訳の難しさ ②トランプ大統領の発言の日本語訳

最終更新: 11月8日


 去年だったか、一昨年だったか忘れてしまったが、テレビのニュースでの、トランプ大統領の発言の日本語訳にびっくりしたことがある。

 

 そもそも、トランプ氏の発言の日本語訳には乱暴なものが多い。しかし、その時の訳は本当にひどかった。当時、トランプ氏は、氏からセクハラを受けたとする女性から、批判を受けていた。それについての説明として、氏が、「This lady..........」と、この女性のことについてスピーチをしている映像が映し出されていたのだが、テロップの日本語訳が、「あの女は...」となっていた。「ひぇっ~、これでは、トランプ氏が気の毒だ。彼は、『あの女』は、なんて言ってないのに。」

 

 「This lady」を日本語に訳すのはとても難しいのだが、直訳すると「このご婦人」、意訳すると、「この方」となるのではないだろうか。トランプ氏は、礼儀正しく「This lday」と言っていたのである。その画面の下に「あの女は」の文字。トランプ氏が「That bitch(尻軽女・あばずれ)」等とでも言っているのであれば、「あの女」でもいいと思うのだが、「This lady」を「あの女」と訳すのはひど過ぎる。氏のイメージを悪くするように、意図的になされた訳なのだろうか。意図は分からないが、このような訳文によって、人の印象が左右されてしまうのは、残念である。

 

 他にもこのような例は、ごまんとあるだろう。何とかならないものだろうか。


72回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナラプソディ  HEAVENESE

Youtubeで動画を見ていたら、次の動画欄に「コロナラプソディ」というタイトルの動画が表示されていた。「何だろう」と思っていたら再生が始まったのだが、これが面白すぎ。大笑いし、またそれと同時にこの動画を作成された方々の頭の良さに感服した。 イギリスのバンド、クイーンの「ボヘミアンラプソディ」のパロディ曲なのだが、よくもこれほどうまく、歌詞を日本語に訳せた(変換と言った方がいいかもしれない)ものだ

翻訳・通訳の難しさ ①ニュージーランド ラグビーチームのワールドカップ優勝回数

先ほどまで、テレビでラグビーワールドカップのカナダ対ニュージーランド戦が中継されていた。 解説者の言葉に驚いた。「ニュージーランドは強い強いと言われながら、2011年まで一度も優勝したことがなかったんです。」(ただし、これはもしかしたら、私の聞き間違いで、「1987年に優勝して以来、2011年まで一度も優勝したことがなかったんです。」だったかもしれない。ただ、画面上には、優勝した年として、2011

幼児時期から英語を教えることの是非について

当教室を前任者より引き継いでから9年半近く、自分自身が授業をするようになってから、8年半近くが経過した。引き継いだ当初から現在までよく聞かれる質問がこれだ。「英語学習は幼児の頃から始めた方がいいのだろうか?もっと大きくなってからでも構わないのでは?」 この質問に対する私の第1の答えは、「幼児から始めると、発音の練習をしなくていいし、綺麗な発音ができるようになるので、とても楽です。7歳を過ぎてから始

If you are interested in our school
Let's study together!