幼児時期から英語を教えることの是非について

当教室を前任者より引き継いでから9年半近く、自分自身が授業をするようになってから、8年半近くが経過した。引き継いだ当初から現在までよく聞かれる質問がこれだ。「英語学習は幼児の頃から始めた方がいいのだろうか?もっと大きくなってからでも構わないのでは?」 この質問に対する私の第1の答えは、「幼児から始めると、発音の練習をしなくていいし、綺麗な発音ができるようになるので、とても楽です。7歳を過ぎてから始めると綺麗な発音で話せるようになるためには、相当な努力を要するし(とはいえ、ひじょうに稀ではあるが、すぐにできるようになる人もいる。なぜなのかは、わからない。)、人によっては、一生できるようになりません。」だ。実のところ、幼児に発音やアクセントを教える必要は全くない。我々の発話を聞いただけで、ちゃんと発音できる。ということで、発音やアクセントの取得に関しては、早く始めるに越したことはないと思う。 第2の答えは、「言葉で説明するのは難しいのですが、幼児から学習を始めた結果を木に例えると、『どっしりとした太い幹に、枝や葉が育って行く感じ』です。大きくなってから始めると、『細くてひょろひょろした幹に、枝や葉が育って行く感じ』です。だから、強い風が吹いたら倒れてしまう。始める年齢が遅くなればなるほど、この幹が細くなっていく感じです。」だ。しかし、これは感覚的なもので、何とも説明しがたく、こんな答え方では、自分も、もやもやした気持ちを抱えてしまう。 ところが、最近、新たな事象に気が付いた。大学入試改革に伴い、「実用英語検定準1級を受けたいので教えてもらえないだろうか」という依頼が増えて来た。また

If you are interested in our school
Let's study together!